フィーバー@fever7lordsです。
さて、ロードモバイル攻略において、兵隊構成はとても重要な要素です。
罠城構築を考える人にとっても、そうでない人にとっても兵隊ティアのパワー比率を認識することによって戦闘を有利にすすめることができます。
この記事では、ロードモバイル攻略(敵をハメる)ために、兵隊ティア(部隊毎の強さ)についてわかりやすくご説明します。

パワー比率でT3が一番弱いという事実


一度でも、ロードモバイルを攻略するために単騎用の罠城を作った経験がある方は、とても実感しているかと思いますがパワー比率でT3が全兵種(第1部隊、第2部隊、第3部隊、第4部隊)の中で一番弱いということを理解する必要があります。
もちろん兵隊の強さは、以下の通りとなっております。

弱 ―――――― 強
T1 < T2 < T3 < T4
  • T1:第1部隊(ソルジャー、アーチャー、ランサー、バリスタ)
  • T1:第2部隊(グラディエーター、スナイパー、リザードライダー、カタパルト)
  • T1:第3部隊(ロイヤルガーディアン、ステルススナイパー、ロイヤルライダー、フレイムランチャー)
  • T1:第4部隊(レジェンドファイター、レジェンドガンナー、レジャンドドラグーン、デストロイヤー)

上記のように、兵隊単体ではもちろんT1よりT2の方が強く、T2よりT3、T3よりT4の方が基本パワーが強いです。
ここで、パワー比率を考えると、T3が圧倒的に弱くなります。

T3をたくさん保有すると贅肉が増えるというイメージ


具体的には、T3をたくさん量産してしまえば、贅肉が増えてしまうというイメージをしていただけると分かりやすいかと思います。
この贅肉というものは、見かけのパワー(城パワー)が増えている割には殺傷能力が低い(火力が低い)状態になってしまいます。
ロードモバイルで単騎罠城が完成するとこうなる」でT1の殺傷能力が優れている点を実際のレポートでご紹介していますが、より分かりやすく数値かしてみましょう。

例えば、T1兵隊を600万兵作るとします。
T1兵隊の基本パワーは「2」ですので、600万兵のT1合計パワーは「1,200万パワー」となります。
同じく、1,200万パワーでT3を同パワー分作ると、T3の基本パワーが「24」であるため、1,200万÷24=50万兵となります。

では、兵隊の相性(歩兵vs騎兵、騎兵vs弓兵、弓兵vs歩兵)などは無視して、同兵種(歩兵vs歩兵、騎兵vs騎兵、弓兵vs弓兵)で以下のように戦闘させるとどういう結果になるでしょうか。

  • 600万兵のT1 vs 50万兵のT3

上記の兵隊構成で、勝利するのは600万兵のT1です。
しかし、600万兵のT1も兵隊基本パワーの合計は「1,200万パワー」であり、同じく50万兵のT3の兵隊基本パワーの合計も「1,200万パワー」です。
同じパワーなのにも関わらず、兵隊のパワー比率での強さ比較では、「T1 > T3」となります。

一方、1,200万パワーでT4を同パワー分作ると、T4の基本パワーが「36」であるため、1,200万÷36=33万3333兵となります。
これを同様に、戦闘させてみると以下のようになります。

  • 600万兵のT1 vs 33万3333兵のT4

上記のような構成でも、残念ながらT4は負けてしまい、T1が勝利します。
ロードモバイルで単騎罠城が完成するとこうなる」の「M44からのミニ連合」という項目で紹介しているレポートをご覧いただくと、イメージがわきやすいと思います。

では、最後に同じ兵隊基本パワーのT3とT4を対決させてみましょう。
1,200万パワーでT3を作ると50万兵、1,200万パワーでT4を作ると33万3333兵です。
このT3とT4を戦闘させてみると以下のようになります。

  • 50万兵のT3 vs 33万3333兵のT4

上記の場合、もう誰もが分かる通り、圧倒的にT4が勝ちます。
つまり、同パワー比率においての強さは「T4 > T3」となるわけです。
結論として、兵隊のパワー比率で火力を比べてあげると「T1 > T4 > T3」という結果となります。

特に単騎用罠城のつもりで兵隊を量産したのに燃やされてしまった人は、単騎罠城をT1中心で構成しなければいけないところをT3で構成してしまった人があげられます。
単騎罠城で兵隊のすべてがT3で構築されているお城と、兵隊のすべてがT1で構成されているお城ではパワーが全く同じでもT1で構成されているお城の方が攻められるという点においては、圧倒的に火力があります。
連合罠(ラリー罠)を考えるとT1構成は向いていないですが、単騎用罠城であれば「ロードモバイル罠城について」の記事の通り、T1構成は必須項目になります。

お城のパワーを変えずに火力をアップさせたい人は、T3を処分してその減った同等分のパワーをT4もしくはT1に変えてあげると良いです。
T3を削って、T1やT4に変えてあげるだけで、パワーは同じく火力(戦闘能力)が格段に上昇します。

毎月5,000円ほどを0円課金する方法

月々の予算を追加しないで毎月5,000円前後のローモバ課金が出来ればとても嬉しいなぁと思って色々と調べていると、支出を増やさずに月々5,000円以上の課金を0円で行える方法が分かりました。それは、ズバリ「LINEモバイル」を使う方法です。いわゆる格安スマホの活用ですが、実は音声電話やインターネット利用に全く困ることが無いほどハイスペックなサービスでした。一つでメリットをいえば、大手キャリアのメールアドレスが使えなくなることくらいですね。それ以外は、音声通話そしてインターネットをストレス無く使用できて、月々のスマホ代が約5,000円ほど安くなります。その結果、浮いた金額をローモバ課金にあてがう事ができ、良い事ずくしとなります。

LINEモバイルのページから、「料金シミュレーター」をクリックorタップすると、今現在の大手キャリアの料金とLINEモバイル乗り換え時の料金が無料診断できるので、自分の使用状況でいくらになるのかシミュレーションしてみても面白いですね。

ロードモバイル関連

ローモバはハピタスを活用すると最強

ゆりやんレトリィバァが広告塔の「~の前にハピタスしとこう!」のCMでお馴染みの「ハピタス」を活用すると、ローモバ課金がかなり最強です。ロードモバイルでは本アカウントのサポート役としてサブアカウントを作る人が大多数です。しかし、このサブアカウントを作る時に「ハピタス」を使えば、無料で簡単に1,200円分や800円分のiTunesカードコードやGooglePlayカードコートそしてAmazonカードコードなどを貰うことが出来ます。

ハピタスとは、ヤフーや楽天・Amazon・AppStoreさらには旅行や美容院まで全3,000以上ものサービスと提携しており、サービスを利用する前にハピタスを経由することでボーナスが貰えるというものです。しかし、ハピタスのボーナス還元の中にはロードモバイルのようなアプリと相性が良いものも多数存在しているので、無料でボーナスを獲得してiTunesカードなどに変換できます。具体的には「ハピタスで『ロードモバイル』」と検索してみると、今現在ローモバのゲームをするならば簡単に1,200円・800円・375円のボーナスを獲得できます。

また既にロードモバイルをしている方は、サブアカウントを作ったりあるいは別の無料ゲームをハピタス経由でダウンロードしたりすることでボーナスを獲得して、それらをiTunesカードコードなどに交換すれば直ぐにローモバで無料課金することが可能だからローモバをするならハピタスの活用はとても効率的です。
ハピタスでローモバの案件を見る
※ハピタスを活用すればお金を一切かけずに月々5,000円~1万円分程のボーナスが獲得できるので、実質毎月ローモバ課金もそれぐらい無料で行えるのはデカイです。

面白コンテンツ

まさかの「ロードモバイルの電子書籍」を発見してしまいました。
全部で5種類のロードモバイル電子書籍がありましたが、どうやらガイドブック編、ヒーロー・モンスター編など、いくつかの章ごとの構成になってる感じです。

賢い課金の仕方

みなさんロードモバイルの課金は月々どれくらいでしょうか。
おそらく、コンビニなどのアイチューンズカードセールやAmazonキャッシュバックなどの日を頻繁に確認している人も多いと思います。
そこで、iTunesカードやGooglePlay、Amazonカードなどが5~20%OFFくらいで購入できる「amatenアマテン」で現在の割引率を確認すると、ロードモバイル課金したい時に即課金できるのでオススメですね。
毎回20%オフを月々繰り返しと、かなり課金が楽になりますね。
お得情報でした。

関連記事